日々の生活の中で、「ミュージシャン」の意味合いってどうなんだろう。無関係と思うだろうか。「秘めた想い」は、アナタにとって何なんだろう。

インストラクターの気合はハンパじゃない


HOME



勢いで跳ねる兄弟と暑い日差し


鹿児島の年配の人は、いつも、草花をお墓にしているから、なので、菊が大量に必要で、菊農家も多い。
夜半、マイカーで飛ばしていると、電照菊の灯火がしょっちゅう夜半、マイカーで飛ばしていると、電照菊の灯火がしょっちゅう視認できる。
住まいのライトは大変少ないかたいなかなのだけれど、菊の為の電灯はすぐ目に触れる。
菊の栽培ライトはちょくちょく目に入っても人通りは大変少なく街灯の明かりも非常にわずかで、物騒なので、学生など、駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

熱中して叫ぶ家族とよく冷えたビール
夏休みが半分ほどたった頃の夕暮れ時。
「カンけり」で鬼をしている少年は、とんでもなくお腹を空かしていた。
捕らえても捕らえてもカンを蹴られてみんなが逃げるので、もはやこの遊びは終わらないんじゃないかと途方にくれていた。
へとへとに疲れて家に帰ると、ドアを開けた瞬間に今日の晩御飯が分かった。
めちゃめちゃうまそうなカレーの匂いに、少年は疲れが吹っ飛ぶのを感じた。

じめじめした木曜の晩は食事を


オフィスで出会ったお姉さんがいる。
少し変わった方で、彼女の話はどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
幼稚園の先生の免許、スキューバーの資格、通関士。
TOEIC800点、漢字検定準1級、そして、元CAさん。
公認会計士もパスしていると聞いたような。
さすがに公認会計士の件を友達に話してみたところ、君の勘違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、かなり年上の部長と結婚し寿退社していった。

寒い日曜の昼は目を閉じて
花火の時期なのだけれど、住んでいる場所が、観光地で毎週末、打ち上げ花火が上がっているので、すでに慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
土曜日に、花火をあげているので、ものいいもゴマンとあるらしい。
私の、家でも花火の音が大きすぎて子供が怖がって泣いている。
一回、二回ならいいが、暑い時期に、毎週、一時間近くも花火をあげていては、うざい。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

どんよりした月曜の夕暮れにこっそりと


請われて、知り合いの所有地の竹の切り倒しを手伝っていたが、太い竹がめちゃめちゃ密集していてつらかった。
山の持ち主が山の管理を両親から引き受けて、竹がたてこんで生えていて、伐採しても運び出しづらかったらしい。
俺は、ちょっと仕事で使う青竹が欲しかったので、もらえるとなり、ありがたくて良かったが、うじゃうじゃ竹が生えた山から運び出すのも厳しかった。

涼しい水曜の夕方に散歩を
育った県が異なると普通に食べるものが違うのを二人で生活しだしてからめちゃめちゃ感じるようになった。
ミックスジュース飲む?と嫁からふと言われ、スーパーででも買っていたのかなと考えたら、自宅でも作ることが普通みたいだ。
缶詰のモモやら他とアイスを入れて、ミルクをさらに加えてミキサーで混ぜてすぐに完成。
ミックスジュースを作ったものを味わい飲んだのは初体験だったが、たいそううまかった。
よかったし、はまって、俺もつくっている。

控え目に熱弁する子供と夕立


一人の人間の大半は水分という調査もあるので、水分摂取は人の基礎です。
水の補給を怠ることなく、皆が健康で楽しい夏を満喫したいですね。
きらめく強い日差しの中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの頃、普段そんなに外出しないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のスキンケアは秋に表れるという位なので、どうしても気にしてしまう部分ですね。
やはり、誰もが気になっているのが水分補給に関してです。
まして、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期はちょっと例外かもしれません。
なぜなら、たくさん汗をかいて、知らない間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の本人の具合も影響することでしょう。
ともすれば、自分が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
真夏の水分摂取は、次の瞬間の体調に出るといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっと歩くときにも、小さなものでかまわないので、水筒があると非常に便利です。
一人の人間の大半は水分という調査もあるので、水分摂取は人の基礎です。
水の補給を怠ることなく、皆が健康で楽しい夏を満喫したいですね。

息もつかさず吠えるあの子と冷たい肉まん
普段、Eくんからのメールの文章は、一体何が伝えたいのか全然分からない。
酔っててもシラフでもいまいち理解不能だ。
しかし、彼が仕事で作成したという、会社の商品の梅干しに関してと、募金についての文章を見た。
普通の文章書けるじゃん!と驚いた。

ぽかぽかした休日の晩に足を伸ばして


息子の3歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントを何にしようかを迷っている。
妻と話し合って、体で遊ぶアスレチック系か頭を使うものか洋服や靴などにするかを決定しようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実際に見て決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
だけれど、子供に近くにいかせてみたら、簡単に決まった。
ジャングルジムに一生懸命だったから、これに決めた。
ただ、部屋が小さいので、一番小さなコンパクトなものに決定した。
販売価格もなかなかリーズナブルだったので、助かった。

汗をたらして踊る友人とあられ雲
甘いお菓子がめちゃめちゃ好きで、ケーキや和菓子をつくるけれど、子供ができて作る甘い物が限られた。
私たち親がすごく喜んで口にしていたら、子供が自分も食べたがるのは当然なので子供も食べられるケーキを私がつくる。
私は、激甘なケーキがめっちゃ好きなのだけれど、娘には激甘なケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが健康にもいいと考えているので、砂糖をひかえてつくる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、たいそうつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。




Copyright (c) 2015 インストラクターの気合はハンパじゃない All rights reserved.

▲TOP